Que Sera Sera 2

qsssya.exblog.jp

タグ:ワイン ( 524 ) タグの人気記事

8月のばんどう@今池

更新のタイミングにムラがありますが・・・
元気です(^^)/

もうすぐ9月も終わろうとしているけど、8月におじゃました『ばんどう』さんの覚書。

この日は、ばんどうさんが「primitive」として豊橋にあった頃から行ってみたいと話していた前職の仕事仲間たちとの訪問がようやく叶いました。

e0209900_12524484.jpg

先付  鱧の焼き霜造りと虹色リーフのサラダ & シャンパーニュ フィリップ・ゴネ B・B

前菜  天竜鮎とスイカのガスパチョアイス うるか茄子 & アイザックタラー ケルナー

e0209900_12551435.jpg

椀  枝豆すり流し冷製 人参ピュレ 鱒子 つぶ貝 & 純米大吟醸 寒紅梅

造り  イチミダイ 太刀魚 鰹の藁炙り  & 特別純米 みむろ杉

e0209900_1305477.jpg

蒸し物  神経締め天然うなぎと馬鈴薯の養老蒸し & 山廃純米酒 花巴

魚  神経締め鰆の炭火焼 ピーマンすり流し &  ブルゴーニュ・コート・シャロネーズ 2014

e0209900_1351979.jpg

肉  但馬玄のローストビーフ 奥久慈クレソン & スタッグスリープ アルテミス C・S 2012

留肴  夏野菜の冷やし煮物 土佐酢ジュレ & DM.ブリュノ マルサネ・ブラン 2006

e0209900_139206.jpg

食事  らっきょうのなめろう汁

甘味  玉名牧場レアチーズムース 居土畑幸水 無花果のジェラート & シルバーベルグ リースリング アウスレーゼ 2014

食後の飲み物はほうじ茶


初訪問の友人たちも大満足だったようです^^


今回も大変ご馳走様でした♪




[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-09-24 13:17 | 外ごはん | Comments(0)

Salon inacheveイベント&トラットリアKEIYA

引き続きお盆休み中のイベント^^;

何も予定が入っていなかった日、ワイン友達から「今晩って飲みに行けたりする?」とメールが。
魅力的なイベントにお誘いいただき、いそいそと出かけました。

e0209900_1352545.jpg

お店の場所に少々迷いつつも何とか到着。


Salon inacheve

看板は見当たりません。



通常は一日一組限定のレストランやお料理教室を運営されているようですが、この日は”シャンパンバーイナシュヴェ 空前絶後の熱帯夜”として お料理もアラカルトで¥500から楽しめるイベント営業でした。


e0209900_1312946.jpg








少し遅れてお店に到着し、まずはお友達と同じスパークリングを一杯。

「コレ、何だと思う?」
と到着早々のブラインドクイズ^^;

シャンパーニュ、ではなさそうだけど上品な造り方だし個性的なブドウ品種という印象もなかったので、クレマン・ド・ブルゴーニュかな?


何とか正解でホッ^^



アラカルトのお料理いろいろ
e0209900_13184169.jpg

名古屋コーチンの卵サラと自家製カラスミ
ウニと人参とコンソメジュレ
フォアグラのフランと小澤ファームの焼きトウモロコシ
昆布森の牡蠣とフォアグラのテリーヌ

e0209900_13214291.jpg

富ちゃんの天狗ナスと烏賊のマリネ

前衛的な食材の組み合わせ方ももちろん、盛り付けのセンスも光ってます。

e0209900_1324289.jpg




e0209900_13244326.jpg





黒トリュフ豚足餃子、まさに悶絶級でした♪










帰り際にはシェフとも少しお話しできて
「絶対これから2軒目行く感じですね?」って(笑)



e0209900_1329093.jpg

ハイ、その気まんまんでして^^


千種の『Trattoria KEIYA』さんへ。


移転されてからは初訪問。


e0209900_13314424.jpg




ひとまずグラスで白をいただき







お店に居合わせた他のお客様とも話が盛り上がったところで ケイヤさんからお盆スペシャルのプレゼント♪
日本未入荷のワインをご馳走して頂いちゃいました。

e0209900_13353420.jpg





楽しく美味しい真夏の夜になりました。

誘ってくれてありがとう(#^.^#)





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-09-09 13:38 | 外ごはん | Comments(0)

Dimanche 真夏のスパークリング&フードのペアリング

7月末のDimanche会のテーマは『真夏のスパークリングワイン&フードのペアリング対決!』

駅から5分少々歩いただけでしばらく汗が止まらない暑~い日で、まさに泡日和!

ひとり1本のスパークリングワインとそれに合わせるおつまみを持参しました。

e0209900_114281.jpg

今日もよろしく!乾杯~♪

e0209900_11145595.jpg


e0209900_1117637.jpg

スターターのワインのオーナーMちゃんから早速のブラインドクイズ出題!

品種は何でしょう?



頭の中のサビついた引き出しをガタガタ開けながら(笑)みんなであれこれ議論。
私の推測は”セミヨン”としてみましたが・・・

e0209900_1122175.jpg


DLC Perles de Gironde


ボルドーの中洲のカベルネ・ソーヴィニヨンで造られたスパークリングワイン。



そのMちゃんからの何ともフォトジェニックなおつまみ!

e0209900_1132873.jpg







e0209900_11322396.jpg


クリームチーズにナッツ、パセリ、ハムなどを刻んだものを混ぜ、さらに表面にもまぶしたものだそう。
味もしっかりしていて美味しいです。
人が集まる時にはビジュアル的にも盛り上がりますね!





e0209900_113665.jpg







e0209900_113633100.jpg


私の持参ワインは丹波ワイナリーに行った時に買ってきたコチラ→



京丹後産サペラヴィ スパークリング 2016

ジョージア原産のサペラヴィを京都丹後弥栄町で栽培したブドウを100%使用。
原種に近い品種で、少し山ぶどう的な要素が感じられ、ジョージアで育てるサペラヴィはボディ感あふれるタイプとなるようですが 京都丹後で栽培されたサペラヴィは、北欧系の品種らしく酸度が非常に高く、色濃い赤品種でありながらタンニンはほとんどない特徴があります。
(丹波ワイナリーHPコメントから抜粋)

ワイナリーHPのテイスティングコメントに 赤色系ベリー、キャンディ、生食用葡萄の香りにエピスやニッキ、漢方薬のようなスパイシーなニュアンス、とあったので 合わせたおつまみは

e0209900_11493534.jpg

うざく 山椒を効かせて


蒲焼きの香ばしさとさっぱりとした酸味、そして山椒のスパイシーな香りとほのかな刺激。
自分的にはかなり気に入ったマリアージュでした^^



e0209900_11534066.jpg


こちらも丹波ワイナリーで買ってきた鹿肉サラミ






e0209900_11555322.jpg


今回の持寄りワインになんとドン・ペリニヨン様が!!





e0209900_11572032.jpg




オーナーMさん、大変ご馳走様でしたm(_ _)m


みなさんの美味しいおつまみいろいろ。
e0209900_1202989.jpg


e0209900_121111.jpg


Mさんのラタトゥイユ 温玉のっけ




e0209900_1214682.jpg



こりゃたまらーん(*^_^*)♪


この日のスパークリングワインのラインナップ
e0209900_1231589.jpg


e0209900_1282560.jpg
暑さのせいか楽しいおしゃべりのおかげか、この日はみんな絶好調でいつもよりだいぶ早い時間に全て完飲。

少し物足りなさを感じた私たち、前回のテーマ”コンビニワイン”での傾向も踏まえてお隣のコンビニで追加ワイン調達w
しかも3本^^;


しっかり全て飲み干しての閉会。よく飲みました~^^
e0209900_1291758.jpg





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-20 12:12 | ワイン | Comments(0)

すしとワインのマリアージュ その6 ~すし人 三篤

e0209900_20223980.jpg

7月下旬、すし人三篤さん再訪。

3月の1周年のお祝いはお招きいただいた形だったので、ちゃんとおじゃましたのが昨年11月ぶりということに今自分のブログで気づきました。。。



e0209900_20225322.jpg











e0209900_10101954.jpg

いつもはスパークリングワインからのスタートが多いのですが、この日はさすがに暑くて暑くてビールから。

三篤さんでビール飲むのも初めてだぁ^^




e0209900_10191981.jpg


カツオ
いろいろな薬味で






e0209900_10203050.jpg





じゅんさい 土佐酢ゼリーを添えて


立派なじゅんさい!
歯応えもプリッとトゥルッと^^



e0209900_1012772.jpg



ビールでクールダウンできたところで あらためて泡に。




安定の美味しさのクレマン・ド・ブルゴーニュ。



e0209900_20245711.jpg


e0209900_20274674.jpg


のどぐろ(上)と 穴子(下)。




穴子はなんとお刺身で!


e0209900_1044541.jpg

穴子をお刺身でいただくのは初めてです。
聞いたところによると、穴子の血液にはタンパク系の毒が微量含まれているそうで、生で食べる場合はしっかりと血抜きしないといけないそうな。
見た目は真っ白で淡泊な白身に見えますが、食べると思ったよりもしっかりと旨味があります。

e0209900_10142269.jpg


e0209900_10234636.jpg
これは同行者さんによる持込みワイン。


ラファエル・パラシオス
 ソルテ・オー・ソロ ヴァルデオラス 2015


品種はゴデーリョ100%、樽熟成8ヶ月。
このワイン、ワインアヴォゲイドでは97点を獲得、各国の三ツ星レストランでオンリストされ「スペイン最高の白」「ピュリニー・モンラッシェを彷彿とさせる衝撃のスペインワイン」と絶賛されているようです。

抜栓直後は”確かに美味しいけどそこまで絶賛されるほどかな・・・?”という印象だったのですが、時間を少し置くとぐんぐん美味しくなってきて、さすがのポテンシャル。
何より抜群にお鮨と合ったのがびっくり。
持参してくれたご本人も「お鮨とのマリアージュはそこまで期待してなかったけど、結果的に驚くほど合ってましたね!」と。
ガリシア地方ってことも大きいのかしら。

お値段もナカナカの希少なワイン(2015年ヴィンテージは日本に30本しか入荷していないとか?)、それもバッチリのシチュエーションでご相伴させていただき大変ご馳走様でした♪


e0209900_11102391.jpg


続いてウニ。

日本一のウニと、世界一のウニの食べ比べ?!


e0209900_11113575.jpg


e0209900_11115447.jpg


e0209900_11154222.jpg

続いて赤ワインへ。こちらもスペイン。
品種はテンプラニーリョ&メルロ。

ワイン自体の味わいは なるほど、THEスペイン!なカジュアルな印象なのですが、お鮨と一緒に頂くとびっくりするほど寄り添い、ワインそのものもエレガントに感じるのも不思議で。
この衝撃を楽しみたいのが、このお店に何度も足を運びたくなる理由なのですが^^。



e0209900_11241879.jpg






オーラスの赤は南アフリカのピノ・ノワール。

ブシャール・フィレーソン ガルガン・ピーク
  テート・ド・キュヴェ 2012


このワイン、この日の同行者さんも一緒だった今年3月のワイン会で飲んだ(ワインチョイスは私ですが)ワイン、の最上級キュヴェ。
漫画『ソムリエール』で お客がボンヌ・マールと間違えたというエピソードとして取り上げられていました。
飲んでみたいな~と思っていたのですが、ここで出会えた~♡

ちょっと煮詰めたいちごやドライ無花果、クランベリーのような香りにバラのような華やかさも感じ、全体的なボリュームは感じるのですがアタックはとても柔らかいので全く重くは感じません。
旨味とほのかな甘味も感じ、お鮨にもしっとり寄り添います^^


e0209900_11122786.jpg




今回も大満足でございました^^

ご馳走様でした♪
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-14 11:51 | 外ごはん | Comments(0)

まんもちゃん@新栄

e0209900_10225347.jpg

前述の清塚信也さんのピアノコンサート会場を後にして 碧南から名古屋の新栄へ。


初訪問の串カツ屋『まんもちゃん』にてワイン会です。



以前友人宅での飲み会の際に”ココでのワイン会を是非!”と盛り上がり、Nさんがセッティングしてくださいました。


今回は9名での貸切り、ひとり1本ワイン(以外もOK)持寄りの会です。

お酒の持込み料は1本¥1,000だそう。


e0209900_10302496.jpg

ひとまず8名時点でのラインナップはこんな感じ。

素敵なワインがいろいろ~
唯一の日本酒(左)『聚楽第』は 佐々木蔵之介さんのご実家の酒蔵のお酒ですって!

私は軽くソースのかかった串揚げをイメージして マルサン葡萄酒のMIWAKUBOメルロー&プチヴェルドー2011を持参しました。

e0209900_10305784.jpg

で、最後のお一人が持参くださった右のワインも加わって9本。



ではではひとまず「かんぱーい!!」
e0209900_16433833.jpg


今回はお料理¥4,000のコースでお願いしていますが、こちらのお店、お肉屋さんの直営とあって店内に貼ってある単品メニューがびっくりするくらい激安でした!
e0209900_16442561.jpg


e0209900_16591260.jpg

お店名物のうずら卵は とろりと黄身が流れ出す絶妙な揚げ具合!

いよいよメインのシャトーブリアン!
e0209900_16554625.jpg


e0209900_16563040.jpg

ご覧ください。この見事な火入れ!!
めっちゃめちゃ美味しかったです!

e0209900_17213040.jpg


ハムカツ




e0209900_17202473.jpg









黒豚コロッケ、メンチカツ



写真の撮り忘れもあったような気もしますが、どれも美味しくてお腹いっぱい。

みなさんのワインやお酒も素晴らしかったです。


ご馳走様でした&ありがとうございました~♪





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-13 17:25 | 外ごはん | Comments(0)

花火大会@岡崎

先週末の土曜は 地元岡崎の花火大会でした。
e0209900_23585889.jpg

1年で最も岡崎市に人が集まる日。

今年も昨年同様、市内の友人宅で花火を見る集まりにおじゃましてきました。
家主以外の人は基本的に知らない人ばかりですが、かろうじて昨年も参加されていた方の何人かはお互いにおぼろげに覚えている程度w

お酒とおつまみ持ち寄りで、”みんなガブガブ飲む顔ぶれだからくれぐれもちょっといいワインなんか持って来ないよーに!”と言い渡されていたので
e0209900_045057.jpg

限定の花火デザインが可愛いカジュアルなジェイコブズ・クリークのスパークリングワインを。


友人宅まで向かう途中で蓮の畑?を発見。
e0209900_083539.jpg

夕方なので花は閉じてしまっているけど、早朝はきれいだろうなぁ。。。


友人宅に到着するとすでに先客たちで盛り上がっていて、空いてた席に潜り込み「初めまして~」とまずは他の方たちの差し入れのビールとおつまみを頂きながらお喋りし始め、会話も温まってきた頃に花火スタート♪

エアコンの効いたお部屋で 窓から花火を見ながらお喋りして飲んで食べて、そろそろ花火も終盤という頃を見計らってお酒持ってお部屋を出てマンションの踊り場へ。

連発で迫力のあるラストスパートはやはり音も楽しみながらちゃんと見ないとね。

e0209900_0155544.jpg


e0209900_0163997.jpg

フィナーレまでしっかり堪能~♪


e0209900_018062.jpg


そうそう、家主ちゃんが出してくれたお菓子『ゾンビスナック』!

なかなか斬新な色調で素敵ね。



e0209900_0192199.jpg


3色=3フレーバーありました。

緑色はのりしお味、赤色はコンソメ味、そして青色は焼肉味って・・・なぜだろう?








今年も楽しかった~♪
Hちゃん、お世話になりました&ありがとう!
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-11 00:23 | 楽しいこと | Comments(0)

5th Anniversary! ~御器所ブラン・ルージュ

前述のブラインドテイスティング講座のあと、友人うぶさんのお店『御器所ブラン・ルージュ』へ。

この日はお店の5周年記念パーティーだったのです♪

お店に到着するとすでにお客さんで大盛況。
カウンター席には冬の越前蟹ツアーで一緒だったお友達もいたので即盛り上がり。

e0209900_109484.jpg


うぶさん、『御器所ブラン・ルージュ』5周年おめでとう!!



まだ記憶にも新しいと思っていたあのオープンの頃からもう5年なんだね~
(オープンの時のブログ記事はコチラ ⇒
5年間 自分のお城を守ってきた城主なんだもん、すごいよ本当に。
うん、本当におめでとう、おめでとう。


うぶさんが持ってるマグナム・シャンパーニュ アンリ・ジローは、お店の開店祝いにと以前の職場仲間(ワインバー)のみんなで贈ったもの。
5周年という節目の記念に この日開けることになりました♪

このおめでたい時間をご一緒できたみなさんと味わうことができて何よりでした。


e0209900_1023038.jpg




パーティーの中盤では ミュージックマンJr.さんによるミニライブ。


とっても素敵な歌声なんですよ~




e0209900_10251482.jpg




ビンゴタイムもあり。

いちおう商品GET♪


カウンター席でご一緒できたみなさんと。
e0209900_1030364.jpg


e0209900_10301477.jpg


御器所ブランルージュが、うぶさんが、たくさんのお客さんに愛されているんだなぁということをあらためて感じて、私までじーんと嬉しく感動してしまったのでした。


これからも末永く愛されるお店でありますように。

もちろん、私もおじゃまします♪





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-06 10:38 | 外ごはん | Comments(0)

ブラインドテイスティング講座

先月、久しぶりのO師匠のブラインドテイスティング講座に参加しました。
会場は覚王山ワインサロン。

いつものように白3種から、と思いきや 今回はなんと泡3種から~♡
「毎日暑いから泡飲みたいでしょー」とO師匠。
うれしい計らいに一同にんまり^^

e0209900_944794.jpg

今回のお題は 造り方の異なるスパークリング、それぞれどんな造り方かを考えます。

スパークリングの製法といえば、アレとアレとアレと笑。

1)テイスティンググラスなので泡立ちは控えめですが、口に含むと3つの中でいちばん泡が持続します。
 後味にほんのりとだけ甘味のニュアンスを感じました。
 シャンパーニュではないけど、瓶内二次発酵はコレと踏みました。
 味わいから何となくカヴァっぽいイメージ。

2)トップの香りに青リンゴのような爽やかさを感じました。
 溌剌とした泡だけど持続性はそんれほど強くないので、ガス注入式かしら。

3)グラス壁面の粘性が他よりも強めなのが印象的。
 香りの特徴が拾いにくいなぁ。味わいはけっこうドライ。
 2)をガス注入式にしたのでこちらはシャルマー方式にしてみた。


e0209900_920459.jpg

1)CAVA  MVSA ヴァルファルモサ  ・・・瓶内二次発酵 5気圧
2)プロセッコ  ARA  ・・・シャルマー方式 5.5気圧
3)重畳 甲州スパークリング2016  ・・・ガス注入式 3気圧

1)は正解!このCAVA、お値打ちだけどコスパよくてたまに買います。
シャルマーとガス注入式は間違えちゃったけど、そっか、2)は青リンゴの香りを感じたのになぜプロセッコに結び付けなかったのか笑。


続いて赤の部。
e0209900_9295162.jpg

これはまた泡の部と打って変わって濃いめの3兄弟ですなw

こちらのお題は 樽を使っているかどうか?

4)チョコレート、葉巻、レーズンのような香り。シラー、かな。
 以降、コメント記載がどんどんなくなっていく(いつもの私のパターン)ので、樽の使用不使用と推定品種のみ記載^^;
 樽使用。

5)樽使用。 メルロ、かな。

6)樽使用。 シラー、かな?


e0209900_935180.jpg

4)ボルドー CH.Compassant 2009   ・・・樽使用 (新樽30%)
    メルロ 80%、CF 10%、CS 5%
5)キャンティ・クラシコ PEPPOLI 2014   ・・・大樽使用
    サンジョヴェーゼ 100%
6)アルゼンチン PURE マルベック 2015   ・・・樽不使用
    マルベック 100%

4)は甘さや深みが樽由来となり、5)は大樽によりタンニンが馴染んでドライフルーツのようなニュアンスに。
6)はコンクリートタンク使用で、タンニンはきれいに抑えてあるけど最後に少しだけ舌上にザラっとした感じが残るような。
品種は見事に全敗でした^^;


e0209900_9454993.jpg

そして恒例、最後のテスト。
やったー、泡だぁ^^

しかも先ほどの3つよりも色調もイエロー強めで香りも複雑みと熟成のニュアンスが。

これはいよいよシャン様の登場では・・・♡?




e0209900_9481539.jpg


待ってました~♪

シャンパーニュ
  シャルル・エルネール ブリュット



美味しい~^^

瓶熟成4年だそう。



成績は相変わらずのダメっぷりですが、今回も勉強になりました。
師匠、そして企画準備して下さった幹事さん、ありがとうございました。

久しぶりのみなさんとのお喋りも楽しかったです。





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-06 09:56 | ワイン | Comments(0)

ことわりをはかるすし ~ばんどう

e0209900_11502747.jpg
ひと月経ってしまいましたが(-_-;)

今年も参加できました、”ことわりをはかるすし”@ばんどう。



e0209900_11533123.jpg



ココ『ばんどう』店主のばんどうくん(左)と岡崎のお寿司屋さん『新生 善衆』店主のオオクボくん(右)のコラボイベント。
二人は中学時代の同級生。






昨年は豊橋の『野彩屋primitive』だった頃、昼×1、夜×2の3部構成で開催されました(昨年のブログ記事⇒)が、今年は今池に移転したこちら『ばんどう』にて昼×1、夜×1を3Days開催!
計6部構成(1部は8席)にもかかわらず、FBでチケット発売するなり瞬殺で完売という昨年を上回る人気ぶりだったようです。
(何とか買えてよかった~)


今回は料理内容に合わせたドリンク(お酒)のマリアージュセットも用意されていたので、当然ソレです。

e0209900_12112546.jpg

ということでスターター

シャンパーニュ
 ジャンルイ・ヴェルニオン コンヴェルサシオン ブラン・ド・ブラン ブリュットNV



e0209900_12125898.jpg




お料理ひと品目 先付
  極上じゅんさい 自然薯とろろ






目にも涼しげでテンション上がります。
ガラスの器の中でじゅんさいがキラキラと輝いているよう。

e0209900_12161164.jpg









いよいよお鮨の登場です。

 握りその1 ~洋の仕込み
e0209900_12175332.jpg









・海老出汁甘えび
・まだかアクアパッツァ
・干し帆立出汁帆立 (写真ナシ)
・金目鯛コンフィ
・絹姫サーモン燻製


海老の頭から取った出汁を減圧調理で再び海老の身に含ませたり、一見シンプルに見えるまだかにもアクアパッツァを作ったエキスを含ませるというテクニカルな仕込みが施され、口に含むと凝縮した素材の香りや味わい、料理のような複雑ないろいろな味わいが広がってひと口ごとに”おぉ・・・”という驚きがあります。

酢飯も何種類かあり、ネタに合わせて使い分けられています。
絹姫サーモンの酢飯にはドライトマトを戻した身が混ぜ込んであったり。

絹姫サーモンの燻製は目の前で瞬間燻製するパフォーマンス付き。
e0209900_12334852.jpg


e0209900_1235149.jpg

お鮨に合わせたお酒は


e0209900_1236722.jpg





レスプリドシュバリエブラン
花巴






e0209900_12375314.jpg






煮物
 アオリイカ団子・枝豆・天狗茄子





 握りその2 ~焼き物の再構築
e0209900_1239186.jpg










・黒ムツの粕漬け
・鰆幽庵
・マナガツオ西京
・のど黒酒干し




e0209900_12464337.jpg








握りに合わせたお酒は

ロウロ
三重錦


e0209900_12481481.jpg


蒸し物

  夏野菜の玉地蒸し 渡蟹餡




握りその3 ~古典の再考
e0209900_12493773.jpg












・小肌
・ボタン海老
・鱧梅酢落とし


e0209900_1251422.jpg


・白ムツ液体昆布〆
・煮穴子
・ヅケ
・中トロもろみヅケ


ちょいちょい写真撮り忘れてます^^;




合わせたお酒は

e0209900_1254756.jpg








ドメーヌギョタク
一品 超辛口純米

e0209900_125812.jpg

ギョタクはアルザスボトルのマグナムw

背が高すぎて面白かったのでiPhoneと並べてみました^^



e0209900_13055.jpg


揚物

 雲丹と奥久慈クレソンの馬鈴薯春巻き



雲丹が春巻きの中に!

贅沢な旨味!!



握りその4 ~ばんどうと善衆

・黒酢真鯖藁炙り
・但馬玄ロースト  ・・・写真撮り忘れました☆

でもコレはばっちり撮りました!
e0209900_134494.jpg

煮アワビ!デカイ!!

e0209900_135473.jpg



e0209900_1352898.jpg







e0209900_136088.jpg




かんぴょう、でひとまず握りはファイナル。


e0209900_1373247.jpg


合わせたお酒は

 タヴェル・ロゼ
 菊鷹



e0209900_138559.jpg




 なめろう冷汁






e0209900_13252554.jpg




   玉(ぎょく)は〆として




e0209900_13212956.jpg



減圧水菓子

 桃のコンポート



e0209900_1322866.jpg




〆のお酒は
 ミュスカ・ボームドヴニーズ



e0209900_13231486.jpg





ほうじ茶でフィナーレ。





昨年も面白い!と感心しましたが、今回はパフォーマンスなどの魅せ方やお酒とのマリアージュもいっそう進化してますます満足度の高い内容でした。

お二人の入念な打ち合わせと準備、お疲れ様&ご馳走様でした♪





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-05 13:38 | 外ごはん | Comments(0)

美味しいバスツアー② ~古株牧場

前記事の続きです。

丹波ワイナリーさんを後にして次に向かったのは 滋賀県にある『古株牧場』さん。

こちらではモッツァレラチーズ造り体験をさせていただきます!
e0209900_8544010.jpg

初挑戦です。楽しみ^^♪

e0209900_8555257.jpg


チーズマイスターの古株つや子さん。

テレビで拝見したことがありましたが、思った以上に華奢な方でした。
この細くて小さな体で チーズ造り修行に出たり、ジャパンチーズアワードで金賞を受賞するチーズを造ったりとパワフルに活動されているんですね~


つや子さんに実演いただきながらのチーズ造り体験♪


一人分のチーズ造りセット。。
e0209900_94089.jpg


まずはリコッタチーズから。
e0209900_925868.jpg

予めタッパーに作って頂いているカード(牛乳を酵素で凝固させたもの)をナイフで細かく切れ目を入れ、ザルにあけて水分を切ります。

ミルクのやさしい甘味と旨味がギュッと凝縮されたフレッシュチーズ。
美味しいの~^^

続いてモッツァレラチーズ造り。
e0209900_9102364.jpg

こちらも予め用意して下さっていたモッツァレラ用のカードをさらに細かく手でちぎり、やや熱めのお湯の中で練っていくと、引っ張るとニューッとのびる生地になってきます。
最後につるんと丸くまとめて冷水につけて冷ましたら出来上がり。

塩とオリーブオイルをかけて。
キュッキュッと弾力のある歯応え、なかなか美味しく出来たんじゃないでしょうか笑。


チーズ造り体験のあとは 石釜ピッツァを堪能。
こちらも自分たちで焼いちゃうのです!

まずはスタッフさんのデモンストレーションを見せていただいたあと
e0209900_924282.jpg

用意していただいたたくさんの具材の中から好きな組み合わせを選んでピザ生地にトッピング。
チーズもたくさん用意していただきました~!
e0209900_9231624.jpg

いよいよ石釜投入!
e0209900_9285549.jpg


e0209900_9294211.jpg



中に入れると見る見るうちにピザが焼けていくので、全体にまんべんなく火が入るように生地の片側だけにヘラを入れて少し浮かせながらくるりと向きを変えます。




e0209900_933180.jpg








出来ましたぁ!


ちょっと焦げ目が強い感じが香ばしくて美味しそう、でしょ?


e0209900_940185.jpg

熱々のうちに ワインと共にいただきま~す!!

最高~~(*^_^*)♡

このピザ生地がまた美味しくて!
このサイズでひとり当たり3枚分あるという満足ぶり。

e0209900_947162.jpg

yukiさんが用意してくれていたワインもたっぷり。



参加者さんの差し入れワインも。
e0209900_9475282.jpg


e0209900_9495988.jpg


2枚目はクワトロ・フォルマッジョにしてみました。

しかしすでにまあまあの腹パンw



e0209900_9512728.jpg


美味しいお肉も出してもらい、本当にお腹いっぱい!





最後にみなさんと記念撮影をしたあと帰路へ。


帰りの車中はいつものように大宴会。
(暗黙の了解で帰りの宴会用のワインはちゃんとみなさんご持参w)



今回も楽しく美味しいバスツアーでした^^
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-08-05 09:57 | おでかけ | Comments(0)