Que Sera Sera 2

qsssya.exblog.jp

ブラインドテイスティング講座

先月、久しぶりのO師匠のブラインドテイスティング講座に参加しました。
会場は覚王山ワインサロン。

いつものように白3種から、と思いきや 今回はなんと泡3種から~♡
「毎日暑いから泡飲みたいでしょー」とO師匠。
うれしい計らいに一同にんまり^^

e0209900_944794.jpg

今回のお題は 造り方の異なるスパークリング、それぞれどんな造り方かを考えます。

スパークリングの製法といえば、アレとアレとアレと笑。

1)テイスティンググラスなので泡立ちは控えめですが、口に含むと3つの中でいちばん泡が持続します。
 後味にほんのりとだけ甘味のニュアンスを感じました。
 シャンパーニュではないけど、瓶内二次発酵はコレと踏みました。
 味わいから何となくカヴァっぽいイメージ。

2)トップの香りに青リンゴのような爽やかさを感じました。
 溌剌とした泡だけど持続性はそんれほど強くないので、ガス注入式かしら。

3)グラス壁面の粘性が他よりも強めなのが印象的。
 香りの特徴が拾いにくいなぁ。味わいはけっこうドライ。
 2)をガス注入式にしたのでこちらはシャルマー方式にしてみた。


e0209900_920459.jpg

1)CAVA  MVSA ヴァルファルモサ  ・・・瓶内二次発酵 5気圧
2)プロセッコ  ARA  ・・・シャルマー方式 5.5気圧
3)重畳 甲州スパークリング2016  ・・・ガス注入式 3気圧

1)は正解!このCAVA、お値打ちだけどコスパよくてたまに買います。
シャルマーとガス注入式は間違えちゃったけど、そっか、2)は青リンゴの香りを感じたのになぜプロセッコに結び付けなかったのか笑。


続いて赤の部。
e0209900_9295162.jpg

これはまた泡の部と打って変わって濃いめの3兄弟ですなw

こちらのお題は 樽を使っているかどうか?

4)チョコレート、葉巻、レーズンのような香り。シラー、かな。
 以降、コメント記載がどんどんなくなっていく(いつもの私のパターン)ので、樽の使用不使用と推定品種のみ記載^^;
 樽使用。

5)樽使用。 メルロ、かな。

6)樽使用。 シラー、かな?


e0209900_935180.jpg

4)ボルドー CH.Compassant 2009   ・・・樽使用 (新樽30%)
    メルロ 80%、CF 10%、CS 5%
5)キャンティ・クラシコ PEPPOLI 2014   ・・・大樽使用
    サンジョヴェーゼ 100%
6)アルゼンチン PURE マルベック 2015   ・・・樽不使用
    マルベック 100%

4)は甘さや深みが樽由来となり、5)は大樽によりタンニンが馴染んでドライフルーツのようなニュアンスに。
6)はコンクリートタンク使用で、タンニンはきれいに抑えてあるけど最後に少しだけ舌上にザラっとした感じが残るような。
品種は見事に全敗でした^^;


e0209900_9454993.jpg

そして恒例、最後のテスト。
やったー、泡だぁ^^

しかも先ほどの3つよりも色調もイエロー強めで香りも複雑みと熟成のニュアンスが。

これはいよいよシャン様の登場では・・・♡?




e0209900_9481539.jpg


待ってました~♪

シャンパーニュ
  シャルル・エルネール ブリュット



美味しい~^^

瓶熟成4年だそう。



成績は相変わらずのダメっぷりですが、今回も勉強になりました。
師匠、そして企画準備して下さった幹事さん、ありがとうございました。

久しぶりのみなさんとのお喋りも楽しかったです。





[PR]
# by que_sera_sera_sya | 2017-08-06 09:56 | ワイン | Comments(0)

ことわりをはかるすし ~ばんどう

e0209900_11502747.jpg
ひと月経ってしまいましたが(-_-;)

今年も参加できました、”ことわりをはかるすし”@ばんどう。



e0209900_11533123.jpg



ココ『ばんどう』店主のばんどうくん(左)と岡崎のお寿司屋さん『新生 善衆』店主のオオクボくん(右)のコラボイベント。
二人は中学時代の同級生。






昨年は豊橋の『野彩屋primitive』だった頃、昼×1、夜×2の3部構成で開催されました(昨年のブログ記事⇒)が、今年は今池に移転したこちら『ばんどう』にて昼×1、夜×1を3Days開催!
計6部構成(1部は8席)にもかかわらず、FBでチケット発売するなり瞬殺で完売という昨年を上回る人気ぶりだったようです。
(何とか買えてよかった~)


今回は料理内容に合わせたドリンク(お酒)のマリアージュセットも用意されていたので、当然ソレです。

e0209900_12112546.jpg

ということでスターター

シャンパーニュ
 ジャンルイ・ヴェルニオン コンヴェルサシオン ブラン・ド・ブラン ブリュットNV



e0209900_12125898.jpg




お料理ひと品目 先付
  極上じゅんさい 自然薯とろろ






目にも涼しげでテンション上がります。
ガラスの器の中でじゅんさいがキラキラと輝いているよう。

e0209900_12161164.jpg









いよいよお鮨の登場です。

 握りその1 ~洋の仕込み
e0209900_12175332.jpg









・海老出汁甘えび
・まだかアクアパッツァ
・干し帆立出汁帆立 (写真ナシ)
・金目鯛コンフィ
・絹姫サーモン燻製


海老の頭から取った出汁を減圧調理で再び海老の身に含ませたり、一見シンプルに見えるまだかにもアクアパッツァを作ったエキスを含ませるというテクニカルな仕込みが施され、口に含むと凝縮した素材の香りや味わい、料理のような複雑ないろいろな味わいが広がってひと口ごとに”おぉ・・・”という驚きがあります。

酢飯も何種類かあり、ネタに合わせて使い分けられています。
絹姫サーモンの酢飯にはドライトマトを戻した身が混ぜ込んであったり。

絹姫サーモンの燻製は目の前で瞬間燻製するパフォーマンス付き。
e0209900_12334852.jpg


e0209900_1235149.jpg

お鮨に合わせたお酒は


e0209900_1236722.jpg





レスプリドシュバリエブラン
花巴






e0209900_12375314.jpg






煮物
 アオリイカ団子・枝豆・天狗茄子





 握りその2 ~焼き物の再構築
e0209900_1239186.jpg










・黒ムツの粕漬け
・鰆幽庵
・マナガツオ西京
・のど黒酒干し




e0209900_12464337.jpg








握りに合わせたお酒は

ロウロ
三重錦


e0209900_12481481.jpg


蒸し物

  夏野菜の玉地蒸し 渡蟹餡




握りその3 ~古典の再考
e0209900_12493773.jpg












・小肌
・ボタン海老
・鱧梅酢落とし


e0209900_1251422.jpg


・白ムツ液体昆布〆
・煮穴子
・ヅケ
・中トロもろみヅケ


ちょいちょい写真撮り忘れてます^^;




合わせたお酒は

e0209900_1254756.jpg








ドメーヌギョタク
一品 超辛口純米

e0209900_125812.jpg

ギョタクはアルザスボトルのマグナムw

背が高すぎて面白かったのでiPhoneと並べてみました^^



e0209900_13055.jpg


揚物

 雲丹と奥久慈クレソンの馬鈴薯春巻き



雲丹が春巻きの中に!

贅沢な旨味!!



握りその4 ~ばんどうと善衆

・黒酢真鯖藁炙り
・但馬玄ロースト  ・・・写真撮り忘れました☆

でもコレはばっちり撮りました!
e0209900_134494.jpg

煮アワビ!デカイ!!

e0209900_135473.jpg



e0209900_1352898.jpg







e0209900_136088.jpg




かんぴょう、でひとまず握りはファイナル。


e0209900_1373247.jpg


合わせたお酒は

 タヴェル・ロゼ
 菊鷹



e0209900_138559.jpg




 なめろう冷汁






e0209900_13252554.jpg




   玉(ぎょく)は〆として




e0209900_13212956.jpg



減圧水菓子

 桃のコンポート



e0209900_1322866.jpg




〆のお酒は
 ミュスカ・ボームドヴニーズ



e0209900_13231486.jpg





ほうじ茶でフィナーレ。





昨年も面白い!と感心しましたが、今回はパフォーマンスなどの魅せ方やお酒とのマリアージュもいっそう進化してますます満足度の高い内容でした。

お二人の入念な打ち合わせと準備、お疲れ様&ご馳走様でした♪





[PR]
# by que_sera_sera_sya | 2017-08-05 13:38 | 外ごはん | Comments(0)

OYSTERS,INC.@新宿

少し前の東京出張での夕食、同行者さんと”牡蠣食べましょう”ということになり、検索して新宿にあるオイスターバー『OYSTERS,INC.(オイスターズインク)』へ。

e0209900_10254376.jpg

産地違いの食べ比べセット。
何処産だったかは忘れてしまいましたが。

そして!
e0209900_10265424.jpg


e0209900_10293441.jpg
見事なサイズの岩牡蠣!!

半身でも口いっぱい、というかひと口ではおさまらない~(*^_^*)


こんなに大きな岩牡蠣は久しぶり。

ミルキーで濃厚で、美味しかったぁ。
[PR]
# by que_sera_sera_sya | 2017-08-05 10:45 | 外ごはん | Comments(0)