Que Sera Sera 2

qsssya.exblog.jp

<   2017年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

岡山ごはん①

先週、出張で岡山へ。
いったい何年ぶりかは思い出せないけれど、人生2度目の岡山です。

前入りで19時に到着した岡山駅で食事するお店を検索して、”岡山料理・岡山ジビエ・パクチー”のキーワードで決めたお店は『ももたろうの屋台

e0209900_23501712.jpg

黄ニラ入り出汁巻き卵、出汁のやさしい味だけでなくニラの香りのアクセントが効いてて好きでした。
知らなかったけど黄ニラは岡山の特産品だったのね。

牡蠣とパクチーの揚げ春巻き、鮮魚と地野菜の天ぷら盛り、そして長老喜(チョロギ)。

長老喜はシソ科の植物の根塊の部分で、シソ酢に漬けてあるのでこんな鮮やかな色。
ビジュアルはけっこうなんだけど・・・シャクシャクと食感もよくてとても美味しかったです。

ビールのあとは岡山地酒で碧天、奇跡のお酒、燦然をワイングラスで。


e0209900_023482.jpg

岡山 吉田牧場のチーズ3種盛り チェダー、スティルトンタイプ(青かび)、ブドウの絞り粕漬け。

ご家族だけでストレスをかけないように牛を育ててチーズを作っている 日本の有名なフェルミエの吉田牧場さん。
どれも味わいがしっかりと濃厚で、特に青かびタイプは地酒の”奇跡のお酒”とよく合っていました。



今気づいたけど”岡山ジビエ”食べてなかったな^^;
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-28 23:36 | 外ごはん | Comments(0)

『人生フルーツ』

映画『人生フルーツ』、先週観てきました。

e0209900_21160100.jpg


建築家であるご主人自らが中核となって携わった高蔵寺ニュータウンの一画。
雑木林と畑に囲まれた小さなおうちで四季折々の野菜と果実を育てながら、互いへの気遣いと工夫に満ちた 90歳のご主人と87歳の奥様の丁寧な暮らし。

やれること、作れるものは何でも自分でやってみる。
時間はかかっても必ず何か気づけることがあるから。

日々の生活を愛でる、足元を大事にする暮らし。


風が吹けば枯れ葉が落ち、土が肥え、果実が実る。


人生は長く生きるほどに美しいものになる。


こんな素敵な生き方ができるようになるためには、今をどう過ごすべきなんだろうーとか考えちゃいます。
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-27 22:28 | ひとりごと | Comments(0)

Open! ことわりをはかるみせ ばんどう@今池

e0209900_1046189.jpg
豊橋でおじゃましていた『野彩屋primitive』が名古屋・今池に移転し、準備期間を経て2月17日にいよいよ『ことわりをはかるみせ ばんどう』オープンしました。


”ことわりをはかる”は ”理(ことわり)を料(はか)る”
まさしく料理そのものの真髄。
最新の調理科学の観点から伝統技術を見つめ直す、というのがシェフのスタイル。



オープンして最初の週末、ちょっとしたなりゆきでおひとりさまの初訪問。

primitiveの頃にお知り合いになった方も予約が入ってるとのことだったので^^


e0209900_1055757.jpg







懐石マットは津軽塗。
明るい木目のカウンターには西陣織のテーブルランナー。
おしぼりは今治タオル、厚手でしっとり。

どれもこだわり抜いた伝統工芸品ばかり^^



e0209900_117859.jpg

さぁ、いよいよ新生”ばんどう”の世界が始まります♪



ドリンクは単品もありますが、料理に合わせたワイン&日本酒をグラスでいただくおまかせコースがあるので、そのハーフセット(一杯ごとのボリュームがハーフグラス)をいただきました。
e0209900_118576.jpg




スターターはシャンパーニュ

マーク・エブラールのロゼ



美しいロゼカラー。
ワインセラーウメムラさんのみが輸入している、たいへん秀逸なRMです。



e0209900_11172049.jpg

一品目からインパクトのある器が登場~^^




器もかなりこだわっていて、オーダーメイドで作ってもらった形のものも多いそうです。


e0209900_111956100.jpg



先付

ミョウバン不使用の雲丹の下に薩摩芋のペースト、黒豆の浸し豆




雲丹の濃厚さと薩摩芋の自然な甘さの寄り添い方は意外だったなぁ。
黒豆のほどよい食感も面白い。


e0209900_1124712.jpg

前菜  蒸し黒鮑の肝で食べる蒸し野菜

e0209900_11261917.jpg
この黒鮑の肝のソースが絶品過ぎる。
皿に残る分すら惜しいので、シェフにスプーンをリクエスト(笑)。


合わせるワインは

ブルゴーニュ シャルドネ 2014 / ポール・ペルノ



e0209900_11291636.jpg


素敵なお椀が登場。

蓋を取ろうとしてびっくり。

コレ、塗りではなくガラスなんです!



椀  白石湖の牡蠣と蕎麦がき 沢煮椀
e0209900_11305118.jpg












椀に合わせて

みむろ杉 無濾過生原酒 おりがらみ

グラスは松徳ガラスのうすはりシリーズ!

e0209900_11345027.jpg


e0209900_11365072.jpg

造り  三重県尾鷲漁港から直送 南水産の本日の恵み

奥に置いてある玉葱のピュレが和洋折衷的なアクセントにも。

e0209900_11403188.jpg

造りに合わせて

天吹(あまぶき) 辛口純米 I LOVE SUSHI


このポップなラベル、一度見たら忘れない(笑)。

旬のお魚の旨味をさりげなく引き出してくれるやさしいコク。


e0209900_11452020.jpg

煮物  いとよりのとろろ煮

お料理の美味しさもさることながら、器に目が釘付けだった私。
ダウンライトの光をあびて内側面の角度と質感を活かした光を放つ、カウンター映えする美しい器だわ・・・

e0209900_1146830.jpg

合わせたのは

スペイン エルヴィンクロ 2010 / アレハンドロ・フェルナンデス


テンプラニーリョ 100%
”スペインのペトリュス”と絶賛される生産者だそうです。

こなれていてとても美味しかった。


e0209900_11493035.jpg






魚  

南水産 大のどぐろの炭火塩焼き 野菜とヴィネグレット


e0209900_11553417.jpg





合わせたのは
 NZ ソーヴィニヨン・ブラン 2015  / ドッグポイントヴィンヤード


ニュージーランドのソーヴィニヨン・ブランを和食に?!
という意外性は、ヴィネグレットソースと野菜に合わせて。
(この場合、マリアージュ的にはのどぐろの方がオマケってことにはなりますケド。)


e0209900_120679.jpg

肉  段戸牛すき煮 馬鈴薯と玉ねぎチップ

e0209900_1234548.jpg

合わせたのは


シャトー・セネジャック 2011



e0209900_1244868.jpg


   留肴
     大なまこ 土佐酢おろし


   土佐酢はゼリーで


e0209900_1264313.jpg




合わせたのは


オーストラリア クレア・ヴァレー
 リースリング 2016
  / アニーズレイン



   食事  蛍烏賊と蕗味噌の焼きおにぎり茶漬け   菊鷹 火入れ純米と共に
e0209900_1210771.jpg


e0209900_12125414.jpg

甘味  金柑のチョコレートケーキ ベビーキウィのジェラート

e0209900_12134587.jpg

食後の飲み物は 豊橋紅茶をチョイス。

お抹茶茶碗でいただくのもオツですな。




全10品。
そしてそれに合わせた10のお酒。

お料理も器もマリアージュも 全てが登場する度にワクワクしまくりで、大満足な時間を堪能させていただきました。


たまたまご一緒になったお二組のお客様(お一人はもともとのお知り合いでしたが)も 以前からシェフのお料理が大好きな方たちで、カウンターに座った全員で一緒にお食事を楽しめました。
ご縁に感謝です♪



e0209900_12283474.jpg

お祝いのお花でお店の中はとても華やか^^





e0209900_12263744.jpg








変態 研究熱心なシェフが新たなお城(ラボ?)でこれからさらにどんな進化を魅せてくれるのか、ますます楽しみです。


※カウンター8席のみ、完全予約&紹介制のお店のため電話番号等は非公開となっていますが、ご興味ある方はぜひご一緒しましょう~♪




[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-25 12:35 | 外ごはん | Comments(0)

聖夜は佐久島で♪ Final

たっぷりの海の幸とワインのクリパの翌朝は、みなさんお酒が残っている様子もなく体調もお天気も爽やかな佐久島の朝^^

e0209900_23375969.jpg

美味しく朝ご飯をいただいた後、、、


e0209900_2340213.jpg


e0209900_23425380.jpg

”朝の会”、始まりまーすw


前日飲み残した日本酒 若水と
ドメーヌQの ネオ・マスカット2014

爽やかな甘さと9%という控えめなアルコール度数は 朝呑みにぴったりww

なんちて^^




お世話になった鈴木屋さんをチェックアウトしたあと、荷物だけそのまま少し預かってもらい お昼の船の時間まで佐久島お散歩の後半。
今度は島の東側を。

e0209900_23532834.jpg





e0209900_23551079.jpg

e0209900_23561063.jpg


e0209900_23572024.jpg

ホントにけっこう紫色でびっくり。




e0209900_23583392.jpg









e0209900_23592434.jpg





ふふ^^
撮った写真でちょっと遊んでんみたw


e0209900_025161.jpg


e0209900_045497.jpg

びっくりするくらい透明度の高いきれいな海。

e0209900_064473.jpg



e0209900_07941.jpg




   佐久島の秘密基地?!
       アポロ


入口はこんな狭いけど 中は広くなっててこんな素敵な展望室に。
e0209900_0115384.jpg


e0209900_0144366.jpg


e0209900_0145855.jpg






e0209900_0155060.jpg
e0209900_0182733.jpg

e0209900_0191064.jpg

e0209900_0193266.jpg

橋?を渡ると 弁財天があります。

e0209900_0211568.jpg



願掛石に願いを書いて
兜岩の横の石塚に奉納します。



e0209900_0213167.jpg






e0209900_024339.jpg















宿まで戻って荷物を引き取り、東港で船の時間までまったり。
ポカポカで気持ちの良い日だったなぁ。


e0209900_0271237.jpg









e0209900_0301476.jpg








一色漁港まで戻り、さかな広場で一色うなぎの白焼きなどをお土産に。

佐久島ではお土産物屋さんの類が見つからなかった(開店してなかった?)ので^^;





ワイン仲間たちとの美味しく楽しいクリスマスの過ごし方、でした♪

e0209900_03475.jpg

[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-24 23:31 | おでかけ | Comments(0)

聖夜は佐久島で♪ vol.3

いよいよお楽しみの夕宴の始まりです。

こちらの旅館鈴木屋さんは 三河湾で獲れた新鮮な魚介類を使った料理が自慢の、ご夫婦で切り盛りされている料理宿。
どの季節に行ってもその時期の旬の海の幸が頂けるようですが、やはり河豚が頂けるのがこの時期ならではの醍醐味!
今回は”ふぐ+地魚のコース”でお願いしました。

たっぷりの海の幸に期待満々です♪

e0209900_1541314.jpg

テーブルを埋め尽くす魚料理の数々は想像以上でした!
目が泳ぐ~^m^

e0209900_15172462.jpg

メインのふぐ以外にもこんな立派なひらめ(+α)の活造りが!

e0209900_15194566.jpg

てっさ(一人前)

身が薄すぎず、しっかり味わえる上に食べごたえも十分!
贅沢ぅ~♡

e0209900_1523527.jpg


八寸



e0209900_15242310.jpg



    タコの焼きカルパッチョ

e0209900_15275176.jpg

お酒は各自1本で持ち込ませていただきました。

e0209900_1529122.jpg

早速乾杯といきます^^


「メリークリスマース!!」

タイトルの通りクリスマス・イブです^^


e0209900_1530286.jpg



     ふぐの白子ポン酢








e0209900_15305812.jpg



ふぐの唐揚げ






e0209900_15371629.jpg



フタリガニもひとり一杯!


品数が多くて手が回らん~~って思ってたら



e0209900_15384537.jpg








おかみさんが全員分さばいてくれました。

恐れ入ります~m(_ _)m




そして ふぐ鍋!
e0209900_15411385.jpg


e0209900_1541447.jpg


ふぐ身、こんなに入ってんですよ!




e0209900_1545495.jpg



サザエのつぼ焼き






そして煮魚も!
もちろんひとり一尾!!
e0209900_15461674.jpg









すでにそうとう満腹。
いや、全然食べきれてない状態w


もちろん〆はふぐ雑炊。
e0209900_1549976.jpg

まだ身がごろごろ入ってますww

e0209900_15512742.jpg

ブラマンジェ的なデザートまでいただいて、ひとまず夕食会場での一次会は中締め。

これだけ美味しいお料理たくさん出してもらって、一泊二食で¥13,000ってスゴくないですか?!


全然食べきれなかったので、相当な量を二次会用に部屋に持ち帰らせていただきました。



 
                引き続き二次会スタート。
e0209900_15562690.jpg

同行者さんが持参してくれた美味しいシュトーレンと赤ワインで、あらためて
「メリー・クリスマス!」




クリスマスパーティーといえばの プレゼント交換も♡
e0209900_1559431.jpg


e0209900_1665790.jpg

クリスマスコスプレで盛り上がりつつ、徐々に一人堕ち二人堕ち・・・


もちろん私は早期戦線離脱者でした^^;






[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-18 16:11 | おでかけ | Comments(0)

聖夜は佐久島で♪ vol.2

前々記事の続きです。

宿のチェックインを済ませた後、夕食までの間少し佐久島をお散歩。

佐久島は島内にアート作品がオブジェとしてあちらこちらに点在しています。
それも私が佐久島に行ってみたかった理由のひとつ。


それでは散歩の景色をギャラリー風に↓
(一部の写真は同行者さんの撮ったものも拝借しておりますm(_ _)m)

e0209900_10452075.jpg

イーストハウス

e0209900_10455939.jpg

ちょうど同じタイミングで来ていたカップル。
お互いに写真を撮ってあげたり、撮ってもらったり。

e0209900_10494462.jpg
e0209900_10495795.jpg

e0209900_10502098.jpg

風が強いとちょっとコワイw

e0209900_1054311.jpg


e0209900_11124052.jpg

e0209900_11131385.jpg

e0209900_11134996.jpg


e0209900_11284716.jpg








e0209900_11294413.jpg







e0209900_11312247.jpg









山羊の”ノン”と”ビリー”

どんだけのんびりやねん^m^




e0209900_1136345.jpg







e0209900_11362021.jpg




ベンチ、

ですかね・・・?



e0209900_1138137.jpg


e0209900_11401198.jpg


e0209900_11404837.jpg




          あ、こちらのサンタは個人宅のディスプレイですw
e0209900_11412258.jpg

e0209900_11434085.jpg


e0209900_1144533.jpg
黒壁集落



e0209900_11442135.jpg

e0209900_1151231.jpg


e0209900_1145558.jpg


e0209900_11451687.jpg


e0209900_11453863.jpg

おひるねハウス

e0209900_11472220.jpg


e0209900_11522373.jpg

カモメの駐車場

e0209900_12133682.jpg


e0209900_11552636.jpg


小一時間ほどお散歩して日が暮れる間際に帰宿。

仕事の都合で遅れて参加のもう一名も宿に到着。


お風呂にも入って、いよいよお楽しみの夕餉です(^^♪


  つづく。
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-18 12:01 | おでかけ | Comments(0)

Lovely Valentine

バレンタインデーですね。

今年は高島屋でチョコ買いそびれたまま、結局何も買わず終いでした。

チョコレートの代わりに チョコ&いちじくのパンで今宵のティータイム。

e0209900_22372250.jpg


e0209900_22373747.jpg
あ、ティーじゃないやw


頂きもののチリのシラーと。

2007年、シラーの紫色感が熟していい香りになり始めたところ。

思った以上に、いい^^




Happy Valentine♡





[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-14 23:02 | 美味しいもの | Comments(0)

聖夜は佐久島で♪ vol.1

そこそこのボリュームになりそうだったのでつい後回しにしているうちにブログに上げそびれたまま年も越してしまい、今さら感ハンパないのですが クリスマスの頃のおでかけネタ、行っちゃおう(笑)。


発端は定例のDimanncheワイン会の時に私が言った
「佐久島、行ってみたいんだよね~」

ポンポンとその場で話は進み、日程はナゼか12月最後の週末 24・25日w
クリスマスイブを佐久島で一緒に過ごす、ってことになってました笑。

さすがに全員参加とまではいかないものの、レギュラーメンバー7名中5名参加なら思いのほかの高参加率だったかとw

言い出しっぺなので私が旅の幹事です。

e0209900_2243015.jpg

佐久島への玄関は西尾市の一色漁港。

待ち合わせは名鉄西尾駅です。

いつも名古屋で顔を合わせているこのメンバーには、待ち合わせ場所に来るまでがすでに小旅行。


西尾駅からバスに乗って一色漁港へ向かいます。

e0209900_22513787.jpg










一色漁港隣接の一色さかな広場でまずはランチ

e0209900_22541823.jpg




という名目の宴会w

e0209900_22584074.jpg

e0209900_22563786.jpg


e0209900_22591623.jpg

食べた食べた、飲んだ飲んだ(笑)。


なんせバス到着から船の出発時間まで3時間弱。
(いえ、もっと早く乗れる船もあるんですよ。ランチするため1本船を遅らせたのです。)

まわりのお客さんが海鮮定食など召し上がっている中、お銚子を次々とおかわりする異質な客・・・に見えたかもしれません。



ほどよく仕上がった感じで乗船。

e0209900_23171314.jpg










e0209900_23173787.jpg








しぶきを上げながら30分ほどで佐久島へ。

我々は佐久島西港で下船。


e0209900_23195127.jpg

お世話になる鈴木屋旅館さんは西港の目の前でした。

e0209900_23225287.jpg

お部屋からも目の前の海がよく見えます。
宿の前を歩いている人も良く見えます。向こうからもよく見えるようですww

e0209900_2328094.jpg

2部屋に分かれ、私たちのお部屋は”かれい”の間。



お部屋でお茶を飲んで少し休憩したあと、夕暮れの佐久島散歩へ出かけます。


  つづく。
[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-13 23:32 | おでかけ | Comments(0)

ワインセミナー① ボルドーワイン

昨年 2度ほどゲスト参加させてもらってた小柳先生のワインセミナー。
今年から場所を名駅近くの名鉄グランドホテル内のレストランに場所を移し、回ごとに世界各地のワインをテーマにして 少しいいワインを料理と共に楽しむスタイルとなり、場所的にも私には通いやすくなったこともあり レギュラー参加で申し込むことにしました。

e0209900_1782832.jpg
第一回目のテーマは『フランス・ボルドー地方』


記念すべき第一回目ということで、スターターはうれしいシャンパーニュ♪

e0209900_179582.jpg


プネ・シャルドネ グラン・クリュ・テロワール・エソンス
 /アレクサンドル・プネ

シャルドネ 30%、ピノ・ノワール 70%








e0209900_17153226.jpg





まずは白
e0209900_17171920.jpg


・CH.レオール・ブラン・フュ・ド・シェーヌ・ヌフ

ソーヴィニヨン・ブラン 100%


・CH.マトラス 2000、2009 の垂直テイスティング
e0209900_17193527.jpg







どちらもボルドー右岸の偉大な年と言われる作柄。
2000年は熟成でタンニンもなめらかになって飲み頃と感じられる状態ながらやや余韻が物足りない印象。
2009年は確かにまだ色調もタンニンもまだ少し若い印象はあるけれど、ボリュームや余韻はしっかりと感じられて こちらの方が好きと言われる方も多かったですね。

カベルネ・フラン 60%、メルロー 40%


e0209900_1729891.jpg

・レニヤック 2009 マグナムボトル  /CH.ド・レニャック

  メルロー 75%、カベルネ・ソーヴィニヨン 15%


その他 写真ないけど

・CH.ラトゥール・ア・ポムロール 2008 (ポムロール)

  メルロー 90%、カベルネ・フラン 10%


・CH.ラ・トゥール・ラスピック 2010 (ポイヤック)

  カベルネ・ソーヴィニヨン 65%、メルロー 25%、カベルネ・フラン 10%


どちらも”CH.ラ・トゥール”と付いてますが、ポイヤック1級のラトゥールとは関係ありません。
ラスピックの方は”CH.オー・バタイエ”のセカンドのようです。

e0209900_17555897.jpg

あ、マトラスのボトル入ってなかった☆

美味しいお料理頂きながら♪
e0209900_17563723.jpg


e0209900_17565576.jpg


美味しい講座でした^^♪



e0209900_1759899.jpg




[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-12 18:02 | ワイン | Comments(0)

アムール・ドゥ・ショコラ@高島屋

名古屋のバレンタイン・チョコレート合戦、高島屋のアムール・ドゥ・ショコラの賑わいは年々ヒートアップしてきてますね~

名だたるショコラティエやパティシエのお店が一堂に会し、テレビでの紹介でも観て気になるチョコレートがいっぱい♡


人気過ぎるだけに 怒涛の週末に参戦するのは正直二の足を踏んでいたのですが、10日ほど前の出張帰り 平日の午後に名駅経由で帰るときがあったので、これはチャンス!と立ち寄ってみることに。


しかーし!

平日でコレ?!と目を疑うほどの激混み状態w
名のあるお店はすべて長蛇の列で”最後尾はこちら”のプラカード、通路は人で埋め尽くされて進みたいようにも動けず、商品を見るのもままならず。。。


こりゃ無理だと撤収しようと思いましたが、その場で食べてく商品は比較的行列が短いようだったので

e0209900_9364811.jpg


辻口パティシエのお店のひとつ、自由が丘Feveの『クールキャラメルマカダミア』


チョコレートとキャラメル、マカダミアナッツ入りのパルフェグラッセに、目の前でミルクチョコレートがけしてチョコクランチをトッピング。

e0209900_941164.jpg



ちょっと高級なチョコアイスバー、¥600也。
美味しゅうございました。


大人しくこれにて撤収。






バレンタイン前最後の週末となる今日は一体どれほどの賑わいになるのでしょうか^^

e0209900_9544393.jpg

[PR]
by que_sera_sera_sya | 2017-02-12 09:51 | 美味しいもの | Comments(4)